Heosemys spinosa. トゲヤマガメ (オレンジ) 甲長約8㎝ 個体B
※サムネイルを
クリックしてください
学名の「spinosa」は「トゲがある、トゲの多い」という意味で、その名の通り甲羅はトゲ状に発達し、これらは主に外敵に襲われた時に役立つと考えられています。インドネシアの丘陵や低山地にある熱帯雨林や渓流に生息し、木の枝や落ち葉などに潜って生活しています。植物食傾向の強いカメでヤマガメにしては丈夫で飼い易いかと思います。また、森林開発での環境破壊や食料などにされるため生息数は激減しています。そのため、以前は割と安価に販売されておりましたが、その後サイテスⅡに登録され、タイやミャンマーでは保護動物に指定され、輸出規制がかけらたりなどして現在は高価なカメになりつつあります。最大甲長22㎝。
価格 ¥0
在庫切れ